浜通り医療生活協同組合

0246-53-4374
  • 誰もがお金の心配をせず
  • 必要に応じて受けられる
  • 医療・介護・福祉をめざして

当生協について

くらしに憲法を活かし、いのちと平和を守り、
安心して住み続けられるまちづくりをめざします。
浜通り医療生協は「親身になって病気を診てくれる病院を私たちの手でつくろう」という願いを持ち寄って1967年につくられました。「親切でよい医療」「心の通いあう医療」のために、日々努力しています。 また、お年寄りや子どもが安心して住み続けられるまちづくりをめざし活動しています。 生活協同組合のスローガンである「一人は万人のために 万人は一人のために」の精神で、くらしの中での願いや生活課題に対して、地域の住民の方たちと協同して、その実現のために運動していきます。

ご挨拶

1968年(昭和43年) 5月、前年8月に小名浜上明神町に開設された「浜通り診療所」(通称・民診)の運営母体として、「浜通り医療生活協同組合」が設立されました。
設立にあたった先人と、今日まで事業継続のために尽力されてきた、諸先輩の皆様に、衷心より厚く感謝の念を表明したいと思います。
浜通り医療生協の事業は、無床診療所から岡小名での53床の病院へ、その後80床の塩屋崎病院の買収により2病院体制へ、2002年(平成14年)両病院の統合により、現在地へ移転、129床の新病院(急性期と療養型の複合)へと拡大してきました。介護保険法の施行以降は、各種の介護事業に取り組んできました。そして、昨年診療報酬の改定に合わせて、療養病棟の一部を「介護医療院」に転換致しました。
新自由主義のもと、所得再分配政策が破棄され、格差社会による貧富の差が拡大し、社会保障費が削減され続ける社会情勢の中、医療機関の運営を巡る経営環境は、一層の厳しさを増しています。地域に『民力の砦』を築くためにも、協同組合の財産である『協同』を基礎に、組合員・役職員が一丸となって、「いのちとくらし」を守るために、「経営と社会保障」の一層の発展を目指して、共に奮闘しようではありませんか。

浜通り医療生活協同組合 理事長 矢吹 道徳

当生協の概要

法人名 浜通り医療生活協同組合
英文名 Hamadori Health COOP
代表理事 理事長  矢吹 道徳
専務理事 國井 勝義
従業員数 230名
所在地 福島県いわき市小名浜岡小名字山ノ神40番地
TEL 0246-54-3648
FAX 0246-54-3682
事業内容 医療・福祉事業

よくあるご質問

Q.医療福祉生協について
医療・介護・福祉事業を主たる事業とする、消費生活協同組合法にもとづく生活協同組合です。
加入する生協が運営する医療機関(病院やクリニック)や介護・福祉事業所(ヘルパーステーション・デイサービスなど)の運営や経営に意見や要望を反映させ、よりよい施設づくりに参加できます。
Q.加入すると
  • 病院やクリニックなどの医療機関を利用できます。
  • 健康や悩み事の相談ができます。
  • 訪問看護、訪問介護、デイサービス、高齢者住宅などの介護・福祉に関する相談やサービス、施設の利用ができます。
  • 健診やドックを組合員価格で受診できます。
  • 診断書やインフルエンザワクチン接種などが組合員価格となります。
  • 浜通り医療生協が主催する健康まつりなどの催しや勉強会に参加できます。
  • 班やグループをつくり、健康維持・増進のための活動ができます。
Q.出資金について
出資金は「寄付」ではありません。
みなさんの大切な「お金」をお預かりし、浜通り医療生協を運営していく「元手」にします。
出資金は、医療機器の更新や施設の改修、新しい施設の建設などに使われます。ただし、「貯金」ではないので「利息」はつきません。加入されたみなさまの要望実現のため有効に使われます。
Q.加入について
所定の加入申込書に必要事項をご記入のうえ、出資金(一口1000円、何口でも結構です)を添えて浜通り医療生協の各事業所へお申し込みください。
Q.増資について
出資金は限度額の範囲内で何回でも増やすことができます。毎月の積立や、年1回など都合の良いときにご自分のペースで出資金を増やすことを「増資」といっています。
Q.脱退について
浜通り医療生協をやめたり、他の地域へ引越をしたときなどは、お預かりした出資金の全額をご本人にお返しします。
本人が受け取ることが困難な際は、所定の手続きにより、代理の方へお返ししたり、代理の方の出資金へ振り返ることもございます。詳細は、担当窓口へご相談ください。
お問い合わせ

小名浜生協病院

TEL.0246-53-4374

付属せいきょうクリニック

TEL.0246-53-4372